自己破産は弁護士か司法書士か※自己破産費用を抑える方法

自己破産は弁護士か司法書士か

自己破産は制度上、個人でも行うことができます。
ですが現在はほとんどの場合、弁護士や司法書士などの法律家に依頼します。
なぜなら個人で行う自己破産デメリットは、裁判所に提出する書類の作成や、場合によっては債権者との交渉を行う必要があり、
法律の素人ではなかなか難しく、上手くできないからです。
では自己破産する場合、弁護士と司法書士、どちらに依頼した方が良いのでしょうか?
この点弁護士は、自己破産をする依頼者の「代理人」であり、司法書士は、自己破産する依頼者の「書類作成代理人」という立場になります。
これだけ見ると司法書士は書類の作成の代理しかやってくれないのかと考える方もいらっしゃると思いますが、
原則依頼者が裁判所から免責決定を受けられるまでサポートしてもらえます。
ただしこの書類作成代理人という立場では、サポートできない場合もあるのです。
その一つが裁判官との面談である「審尋」でのサポートです。
審尋というのは、裁判官が行う必要があると判断した場合にしか行われませんが、
行われる場合は、自己破産の申請者が出席して、裁判官からの質問に答えることになります。
もし弁護士でしたら、申請者の代理人ですから、申請者に代わって裁判官からの質問に答えることができます。
しかし司法書士の場合、あくまで書類作成の代理人に過ぎず、申請者に代わって裁判官からの質問に答えることができません。
答えづらい質問などが来た場合、自分に代わって答えてくれる代理人は貴重です。
ですので、弁護士と司法書士どちらに依頼するか迷った場合は、弁護士に依頼する方が無難では無いでしょうか。

以下はおすすめの弁護士事務所です。

フェアアンドスクエア法律事務所


フリーダイヤル:0120-890-813

樋口総合法律事務所