【自己破産】健康保険の支払いができないケース※自己破産費用を抑える方法

自己破産と保険



健康保険の支払いが出来ないケースは、国民健康保険に限られます。他の方法ではまず起こりません
国保の支払額は非常に高くなっていますので、収入が多い年の翌年に払えないケースが出てきます
そういった時の対処法を教えますので、参考にしてください

国民健康保険は、色々な方法で請求を引き延ばしにすることもできます。また年金同様免除制度もあります
まずは払えない旨を役所に相談してください。その上でどの方法を利用して免除を行うかを決めます
基本的に審査によって免除方法が決まるので、自分で指定することは出来ません。免除、減額、減免、分納、猶予のどれかが適応されると思います
免除の場合は払わなくてもいいですが、減額や減免、分納の場合は少額ですが払わなければいけません
猶予の場合は一定期間払わなくても問題はないので、まずはお金を用意することから始めましょう

どのような基準で免除になるかどうかは市町村ごとに決められています
線引きの基準についても教えてもらうことは出来ないのですが、一定の収入が無ければ免除になることがあります
ただ、家の人で収入が一定数値持っていた場合は申請しても何も適応されない場合もあります。その場合は我慢して払うしかありません

払えないと思ったら、まず役所に行って相談をしてください。ほぼ確実に免除申請を行うことになるはずです

 

債務整理2回目についてはこちら。

 


借金問題についてはこちら。債務整理の相談は24時間365日メールか電話で受け付けてくれます。

フェアアンドスクエア法律事務所


フリーダイヤル:0120-890-813

樋口総合法律事務所