債務整理の種類

 

債務整理には自己破産、個人再生、任意整理などの方法があり、
それぞれメリット・デメリットがあります。
自己破産はすべての債務が0になります。
個人再生では原則、債務の総額5分の1にまで減額されます。
任意整理では利息制限法にのっとって利息を再計算し、払い過ぎていた利息があれば戻ってきます。
自己破産が一番債務の減額効果が高く、その次に個人再生、その次に任意整理の順になります。
自己破産はその代わりにマイホームや99万円以上の現金、20万円以上の預貯金などは差し押さえられてしまいます。
個人再生はマイホームは手放さなくて済みます。
任意整理では手続き中に貸金業者などが法的手続による回収を行うといった事は少なくなっています。
任意整理では一部の債権者だけ整理することが可能ですが、
自己破産ではすべての債務が対象になります。
任意整理では連帯保証人を付けている債務を外して整理できるのですが、
個人再生、自己破産されると連帯保証人に請求が行ってしまいます。
自己破産では約7年~10年、個人再生では約7年~10年、任意整理では約5年、ブラックリストに掲載されて新規の借り入れができません。
しかしどちらも期間が過ぎれば借りられるようになります。
ですが一度ブラックリストに掲載されると審査が厳しくなるようです。

 

自己破産を決断する前に

借金の問題を解決できる方法として、自己破産を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?
自己破産は数ある債務整理の中でも、最も借金の問題を大きく解決できる制度と言っても、過言ではないでしょう。

 

自己破産を行う事で、まずはそれまでの借金をゼロにできるというメリットがありますよね。
借金の返済義務が無くなるので、金銭的にもそして精神的にも悩みが無くなり、人生をやり直せる事ができます。
ギャンブルや浪費での借金は自己破産できないと思っている方も多いですが、場合によってはこれらの理由でも免責が下りるケースもあるので、
まずは弁護士に相談する事が大切です。

 

また自己破産を行う事で、借金の督促が止まるという点も、メリットと言えますね。
自己破産の申請を行った時点で、債権者は取り立てを行う事が出来なくなる為、厳しい取り立てをされていた人も
精神的な負担が軽くなるでしょう。

 

しかし、自己破産を行うと全ての財産を没収されてしまうのでは?と、不安に感じる方もいるかと思います。
自己破産の場合、持ち家などの財産は手放さなければいけませんが、99万円までの現金や家財道具は処分されず、自分の手元に残せるので
全てを失うという訳ではありません。

 

このように自己破産は、借金が無くなるというだけでなく、色々なメリットのある債務整理と言えるでしょう。
しかし、自分で決断するのは危険。もしかしたら他の債務整理方法で済むかもしれません。
無料相談を活用し、自分にあった債務整理方法をしっかりと把握しておくことが大切です。

 

フェアアンドスクエア法律事務所

 

樋口総合法律事務所

自己破産を決断する前に|債務整理の種類関連ページ

自己破産の必要書類※自己破産費用を抑える
自己破産、自分でできる?自己破産に必要な書類をまとめました。自己破産の費用を抑えるために、活用したい無料メール・電話相談窓口もご紹介します。