自己破産を自分でやる場合の流れを説明させて頂きます。

 

まず必要な書類等ですが、以下にまとめておきます。

 

住民票・
源泉徴収票のコピー(または所得証明書)
市民税・県民税課税証明書
預金通帳コピー(所有する全ての通帳)
賃貸契約書コピー
不動産登記簿謄本(自分名義の不動産があれば)
車検証のコピー
自動車の査定書
保険証券の写し

 

上記の書類を全て自分で揃えますがこれだけで一日休みは必要でしょう。

 

次に裁判所で手に入れる書類です。

 

破産申立書
陳述書
債権者一覧表
資産目録
家計の状況
免責申立書

 

以上を裁判所でもらい、全ての書類に嘘偽り無く記入して提出するわけですが

 

これがかなり大変です。
特に陳述書は、借金を重ねる様になった時期の事から現在までの経緯を事細かく詳細に書かなければなりません。

 

特に何で借金をしたのか?
何で返済が出来なくなったのか?

 

など、自分で提出した通帳や所得・時期的に書いている事と矛盾はないかなど細かくチェックされます。

 

家計の状況なども踏まえ、書かなければならない項目は多岐にわたり何度も書き直しを命じられる事があります。

 

おおよそ、この書類を完成させるまでに一ヶ月くらいは要します。

 

それを経てやっと裁判官により免責決定とされるかの判決が下される分けですが、自分で手続きをする場合には法廷に自分が立たなければなりません。

 

そこから一ヶ月くらいで裁判所からの通知が届き晴れて借金はなくなります。
想像以上の精神的重圧を乗り越えられる自身のある人は自分で手続きを行う事も出来るでしょう。

 

自分でやると意志を決めた方も、そうしたらいいかわからない方も、まずは専門家に無料相談してみましょう。

 

フェアアンドスクエア法律事務所


フリーダイヤル:0120-890-813

 

樋口総合法律事務所

自己破産の必要書類※自己破産費用を抑える関連ページ

自己破産を決断する前に|債務整理の種類
借金がかさんで仕方がないから自己破産、と決めつける前に、他の債務整理方法も検討しましょう。あなたのそのケース、自己破産しなくてもいいかもしれません。債務整理の種類についてまとめます。