管財事件とは

 

管財事件には同時廃止と違い自己破産の手続きの途中で債権者集会が開かれるのですが、たいていサラ金業者やくれえじっと会社は欠席しますが、債権者集会と言ってもこわもてがずらりと居並ぶといったことではなくて、個人でお金を貸した人たちが来る程度です。そして時間は10分ぐらいで激しい非難や罵倒などが続くような時間もないのです。そして自己破産したら東京地裁は、1度に20組もの債権者集会が同じ部屋で同時に開催されますが、過度の心配は無用でしょう。そして依頼した弁護士も出席するのです。また、自己破産の手続きの過程で1回破産管財人による債務者の面接が行われて、平日の昼間に1時間程度です。そして、債務者あての郵便物は全部管財人の元へと送られて、開封されるのです。そして新しく債権者を見つけるためや、財産が隠れていないかといったことを調べられます。そして貯金や生命保険やマイカーなど財産があるときはそれが破産管財人の手によって感化されて、債務者に分配されます。そして、自己破産手続きを申し立てする方法が2つあり、債務者に換価できる財産がなければ同時廃止と財産がある時の管財事件といった方法です。そして管財事件となれば手続きが長期にわたってくるようなことがあり、破産管財人が調査をして短期間で手続きを修了させるといったことを判断したときは小学館I事件になってくるようなことがあります。

 

どうしたら自己破産費用を最小限に抑えられるか

 

管財事件の場合、財産を分ける際に莫大な費用がかかります。
弁護士に依頼したほうが費用が抑えられる場合が多いので、一度弁護士に相談してみましょう。
信頼できる弁護士事務所で、無料相談を受け付けているところを貼っておきます。

 

フェアアンドスクエア法律事務所

 

樋口総合法律事務所

管財事件|自己破産費用を最小限に抑える方法関連ページ

同時廃止事件|自己破産費用を最小限に抑える方法
ここでは自己破産の中でも特に同時廃止事件について詳しく取り上げます。同時廃止事件の場合、自分で手続が出来るのか、どうしたら費用を安く抑えられるのかなども気になるところ。